クリエイターの鬱病
なんつーものがあるのかどうか知りませんが
単に、私の場合。

鬱に入る、いやもう鬱だったのかって時の事
やたらめったらインプットにいそしんでた気がする。
マンガをやたら買う+読む
友達に誘われればどんなに疲れていても必ず付き合う。
ライブに誘われれば、興味あるなしに関わらず絶対行く。
オフ会に誘われれば、どんなに疲れてても行く。
ブログも掲示板も読み続ける。

みたいな。

まあ、これは当時の事務所がデザインだけでなく
プランニングもしていたので、
とにかく情報を集めておかないと、ブレストどころか
社長の話がわからないと怒られるって恐怖もあったんだけど。

またあんなこと(鬱)にならないように。と思って心がけていることが、

 

インプットしすぎないこと。

 

そして、入れたら、どうにかして吐き出す事。

人に聞いてもらうでもいいし、
こうやって誰も読んでいないブログに書く事でもいい。
むしろ鉛筆で日記かいてもいい。
かけるならマンガや小説やポエム書いちゃっても良いし。
カラオケでもいい。海に向かって叫んでもいい。
なんでもいい、とにかく出す。

自分の中から出してやる。
方法は出したと自分が思える方法ならなんでもいい。

 

そうしないと、貯まり続けて自分の中で腐る。(気がする)

 

入れないって事ができないんだ!と気がついたのは
つい最近。

 

 

何を見ても、何を聞いても、自分の中に取り込まずにはいられない。
これってクリエイターの性なんじゃないのかなあ。

 

そこから、上手に仕事に落とせていけるうちはいいんだけど
それが旨くまわらなくなる時があったり
落とすのが少なくて、どんどん自分の中にたまっていったりすると
夜、眠れなくなってくる。
不眠症のはじまり。

ヤバイ不眠。鬱のスタートライン!ヤダ走りたくない。

 

アイディアを出し続ける仕組みを、自分の中に作ってしまったから
こんな風になっちゃったのかなあ。

 

 

朝の100本アイディア出しとか、
突然社長に壁の向こうから
今流行ってる○○何?と叫ばれて、すぐに応えられないと
能無し呼ばわりされる恐怖。

毎月リニューアルしつづけないといけないチラシデザイン

そういうの、続けていると
常に自分の中を情報で満タンにしておかないとって思ってて
入れて入れて詰め込みすぎて腐ってるのも気がつかなかった。

 

 

の、かもって思う。

今はインターネットあるから、すぐに調べられるから
あんまり土日も街に出て情報収集とかしないでいいのかな。

ダンボールの箱の中には流行のCDばっかり入ってる。
流行を知らないと!って思って買ったもの。

そういうことが必要な時期もあるかもしれないけど。
やり過ぎチュウイです。よ。